格安の長距離引越しはプロスタッフがおすすめ

MENU

繁忙期の長距離引越しの料金を少しでも安くする方法

繁忙期の長距離引越しは元々高い料金がさらに上がります。1年でも最も引越しが忙しく、近年では運送業界のドライバー不足も深刻で、引越し料金を安くするどころか依頼するのさえ難しい状況になっています。

 

ただし、引越しにおける繁忙期の定義はあいまいです。3月、4月を繁忙期としているサイトもありますが、需要がもっとも高まるピークは3月下旬から4月上旬です。さらに休日や大安、友引などの日柄も人気を左右するので、いつからいつまで正確な日が決まっているわけではありません。

 

3月下旬を予定しているなら上旬から中旬に、4月上旬を予定しているなら4月中旬に長距離引越しを依頼することで、料金はいくらか安くなります。休日を平日に変更するだけでも繁忙期の引越し料金は安くできる場合があるので見積もり額だけでも聞いておきましょう。

 

大きな日程変更が難しければ、持っていく荷物を減らしましょう。単身で実家帰りの場合は、一人用の冷蔵庫や洗濯機はもう使わないはずです。比較的新しい物であればリサイクルショップで買取してもらえますし、メルカリやヤフオクで販売する手もあります。

 

もし、売ることが難しいなら欲しい人に無料で譲っても良いと思います。もったいないと思われるかもしれませんが、繁忙期での長距離引越しに限っては、引越し費用が安くなった分で買い直しできるかもしれません。長距離引越しは転居先が遠方になるほど料金も高いので、距離が荷物を売るか売らないの判断基準にもなり得ます。

 

繁忙期には必要最低限の荷物だけの荷物を運び、残りは暇な時期に引越しするという手もあります。1ケ月余分に賃貸費用を払わなければいけないこともありますが、それ以上に繁忙期の長距離引越しの料金は高い場合があります。

 

場合によっては、1ケ月余分に借りてでも引越し費用が安くなる場合もあります。